当校は中国国立上海中医薬大学の附属日本校として、
正式に認定された日本で唯一の中医学教育機関です

学習内容・学習方法・流れ

大学専科コース(前期課程)

学 科 名 年 限 学習方法 教 科
中医学科 1年次
(日本)
[通信学習]
・DVD教材(講義)
・印刷テキスト
・報告課題
   +
[セミナー授業]
中国医学史・中医基礎理論・中医診断学・中薬学
2年次
(日本)
中薬学・方剤学・中医内科学・中医小児科学・中医婦人科学・(※1)西洋医学基礎(解剖学・生理学)
鍼灸学科 1年次
(日本)
中国医学史・中医基礎理論・中医診断学・経絡腧穴学
2年次
(日本)
中医診断学・経絡腧穴学・鍼灸学(中国鍼灸手技・鍼灸治療学)・推拿学(推拿手技・推拿功法・推拿治療学)・中医内科学・鍼灸治療学応用・
(※1)西洋医学基礎(解剖学・生理学)
推拿学科 1年次
(日本)
中国医学史・中医基礎理論・中医診断学・推拿学(推拿基礎学・推拿手技・推拿功法・推拿治療学)・経絡腧穴学
2年次
(日本)
中医診断学・経絡腧穴学・推拿学・鍼灸学(鍼灸治療学)・中医内科学・推拿治療学応用・(※1)西洋医学基礎(解剖学・生理学)
〔(※1)西洋医学基礎について〕
・医師、薬剤師、鍼灸師など医療系有資格者は免除。
・医療系資格を取得されていない方は、後期課程に進む場合に必修となります。
・前期課程のみの受講でもご希望の場合は受講可能です。
・受講のお手続はご入学の際、又は受講中でも随時受付致します。
・学費は追加で納付手続が必要となります。

大学専科コース(後期課程)

学科名 年 限 学習方法 教 科
中医学科 3年次
(上海)
上海本校での
臨床実習を
中心とした授業
傷寒論・金匱要略・中医内科学・中医内科実習・温病学・中医婦人科学・中医骨傷学・中医小児科学・中医皮膚科・臨床実習・卒業論文答弁
鍼灸学科 3年次
(上海)
推拿手法学・推拿人体操作・刺法灸法学・鍼灸治療学・鍼灸実習・推拿治療学・中医小児科学・中医皮膚科・臨床実習・卒業論文答弁
推拿学科 3年次
(上海)

※本校の教育プログラムにより、変更される場合があります。

1.通信学習

大学専科コース(前期課程)の2年間の学習方法は、印刷テキストとDVD教材を用いた自宅での通信学習が主体となります。
毎月送付される各科目のテキストとDVD教材で学習し、所定の課題(報告課題)に基づいて答案を作成し提出します。そしてこの報告課題をすべて提出し、更に科目試験(単位取得試験)に合格することによって一つの科目の単位を取得します。
この2年間の通信学習はご自身のペースで学ぶことが出来ます。期間を短縮して早く学
習を終えたい場合、反対にじっくりと時間をかけて学びたい場合等、個別でご相談頂く
ことも可能です。

【テキストとDVD教材】

学習は、テキストを読むことから始まります。
DVD教材に収められた内容は、通学課程で言えば教室における講義にあたるもので、テキストをよく読んでから、DVD教材による講義を聴いてください。

【報告課題・答案】

各科目の報告課題は2回から4回に分けて出題します。
テキストの学習が終わると、報告課題の答案を作成し、期日までに提出します。この報告課題は採点評価添削の上、基本次回の教材に同封し返送致します。
この答案及び添削は理論学習の根幹であり、学習結果の理解度を答案により報告し、教
員の指導を受け、更に理解度を深めていきます。また、報告課題の内容は、それぞれの
科目の最も重要なところを納めています。
卒業までに相当数の報告課題を作成しなければなりませんが、書くことにより一層理解が深まります。

【セミナー学習(定期スクーリングセミナー)】

毎月1回定期スクーリングセミナーが開講されます。
中医セミナーでは主に中医基礎理論、中医の診断方法(問診・舌診・脈診)や臨床における弁証論治のシステムを、推拿セミナーでは、推拿の基礎理論や臨床疾患の検査法と治療の実技を中心とした内容を指導致します。
在学生には定期スクーリングセミナー受講無料期間(当校定期スクーリングセミナー受講規定による)が設けられており、出席は自由です。
また、在籍している学科以外の定期スクーリングセミナーにも無料にて受講可能ですので、幅広く学ぶことが出来ます。尚、鍼灸セミナーは不定期の開催につき、開催決定次第ご案内となります。

単位取得試験   前期課程受講者は希望者/後期課程進学者は必修

一つの科目の学習が終わり、各科目毎に定められた報告課題を提出すると受験資格が得られ、その科目の試験を受験できます。

前期課程のみの受講者は、学習した内容がどの程度理解出来ているかの確認等で受験することも出来ます。この単位試験は、個別相談により受験日時を調整設定し、大阪教室と東京事務局で行われます。単位取得試験は無料で受験出来ます。

証書・国際中医師(国際中医専門員)試験

大学専科コース前期課程の修了者には日本校から「修了証書」/大学専科コース(後期課程)の修了者には上海中医薬大学本校から「卒業証書」が授与されます。

また、前期課程の修了者には世界中医薬学会聯合会と世界鍼灸学会聯合会が認定する「国際中医師(国際中医専門員)」・「国際鍼灸医師(国際鍼灸専門員)」・「国際按摩推拿医師(国際按摩推拿専門員)」の受験資格が与えられます。

この「国際中医師(国際中医専門員)」試験とは、中医学における学識と臨床技能の水準を総合的に評価するものであり、医療行為が可能となる資格を認定するものではありません。

学習の流れ


カテゴリー

アーカイブ