当校は中国国立上海中医薬大学の附属日本校として、
正式に認定された日本で唯一の中医学教育機関です

科目等履修生制度 募集要項

当校では大学専科コース(前期課程)の履修科目のうち、 特定の科目について履修を認める制度を設けました。修了を目的とせず、必要とする科目を選択し学ぶことができる制度であり、履修した科目の指定された報告課題を提出され、試験に合格されましたら単位を取得することができます。

[履修科目・履修期間・受講料 ]

科  目 配 布 教 材 標準受講期間 受講料
中医基礎理論 テキスト1冊・報告課題4冊・DVD4巻 4ヶ月
(6ヶ月)
12万円
中医診断学 テキスト1冊・報告課題4冊・DVD4巻・
附録教材:舌診の基礎
4ヶ月
(6ヶ月)
18万円
中薬方剤学 テキスト2冊・報告課題4冊・DVD2巻
中薬便覧
4ヶ月
(6ヶ月)
18万円
中医内科学 テキスト1冊・報告課題3冊・DVD3巻 3ヶ月
(5ヶ月)
12万円
経絡腧穴学
鍼灸治療学
テキスト1冊・報告課題7冊・DVD4巻
[鍼灸治療学応用(報告課題3冊)]を含む
7ヶ月
(9ヶ月)
18万円
推拿学 テキスト1冊・報告課題5冊・DVD1巻
[推拿治療学応用(報告課題3冊]を含む
5ヶ月
(7ヶ月)
16万円
各科目指定された報告課題を提出後、単位取得試験の受験資格を取得(自宅での受験)

※標準受講期間の(   )に記載された期間、は試験期間も含む最長在籍期間
※入学金免除
※各科目の標準受講期間は該当科目のみに適用されます。標準受講期間以内に単位を取得された
場合で、他の科目を履修される場合、残った日数を次の受講科目に加算することは出来ません。
※単位取得試験の合格者には単位取得証明書(学習証明書)を発行致します。
※標準受講期間を過ぎた場合は、無効になりますのでご注意下さい。

資料請求はこちら

受講申請について

応募資格:特に資格を問わない

1.提出書類

□受講申込書

本校所定用紙にもれなく記入

□写真3枚

上半身、脱帽、正面、無背景で裏面に氏名を記入/縦4.5cm×横3.5cm、うち1枚は受講申込書に貼付

2.出願方法

申請書類を郵送する場合は、当校所定の封筒を用い、簡易書留でお送り下さい。

直接持参する場合は、電話により持参日時を確認して下さい。平日10時より午後6時まで受付致します。
※書類は充分確認の上送付して下さい。提出された書類は一切返却致しません。

【受講申請の手順】

科目履修受講申込書に必要事項をご記入頂き、お写真1枚貼付と2枚を別に同封の上、当校
までお送り下さい。

当校にて書類を確認後、受講料の納付についての書類を送付致します。

書類がお手元に届きましたら、受講料の納付手続をして下さい。

受講料納付が確認出来ましたら、受講のお手続が完了となり、教材を発送致します。
教材が到着致しましたら学習がスタートとなります。

受講開始日・選考

○受講開始日

毎月1日を受講開始日とします。中医学の学習を思いたった時、また、必要な科目をいつでも学び始めることができるように設けられた制度です。

○選 考

書類選考します。

教  材

■テキスト

上海本校の本科生が使用しているテキストの原文をそのまま日本語に翻訳したものを使用しています。
各科目で使用するテキストは、中国全土の中医薬大学及び中医学院の本科で使用されている統一テキストを当校が独自に日本語に翻訳し作成致しました。
当校で使用する各科目のテキストは、唯一当校でのみ使用しているものであり、当校の受講生以外には提供しておりません。

■報告課題

出題と添削指導は専任教官により、日本語で行われます。充実した内容で、これを解答していくことと、学習した内容の復習とにより深い理解が得られます。
学習を進めていく過程で、疑問や質問等がある場合は、FAX或いはEメールで随時受け付けています。

■DVD教材

講義教材としてDVD教材を使用致します。
上海本校の各課程の最も権威のある教授陣による講義を日本語で編集しております。

■教材内容[テキスト内容]
科 目 頁 数
中医基礎理論 178頁
中医診断学
附録:舌診の基礎
222頁
73頁(CD-ROM付き)
中薬方剤学
附録:中薬便覧
中薬学:276頁
方剤学:278頁
17頁(170種)
中医内科学 354頁
経絡腧穴学
鍼灸治療学
218頁
推拿学 298頁
[DVD教材内容]
科 目 内   容 巻数 時 間
中医基礎理論 「陰陽五行学説」「臓象学説」「経絡学説」「病因・病機」 4巻 480分
中医診断学 「望診・舌診」「問診・切診」「八綱弁証・気血弁証」「臓腑弁証」 4巻 480分
中薬方剤学 中薬学:「中薬学総論」:60分
方剤学:「方剤学概論」:120分
2巻 180分
中医内科学 「各論1」「各論2」「各論3」 3巻 360分
鍼 灸 学 「経絡腧穴学1」「経絡腧穴学2」「経絡腧穴学3」
「鍼灸治療学」
4巻 480分
推 拿 学 「推拿基本手技」 1巻 100分

学 習 方 法

1.通信学習

印刷テキストとDVD教材を用いた自宅での通信学習となります。
送付されるテキストとDVD教材で学習し、所定の課題(報告課題)に基づいて答案を作成し、提出します。そしてこの答案を全て提出し、更に科目試験(単位取得試験)に合格することによって科目単位を取得します。

【テキストとDVD教材】

学習は、テキストを読むことから始まります。
DVDに収められた内容は、通学課程でいえば教室における講義に当たるもので、テキストをよく読んでから、DVDによる講義を聴いてください。

【報告課題と答案】

この答案及び添削は理論学習の根幹であり、学習結果の理解度を答案により報告し、教員の指導を受け、更に理解度を深めていきます。また、報告課題の内容は、それぞれの科目の最も重要なところを納めています。
報告課題の答案を作成し、期日までに提出します。この答案は採点評価添削の上、返送致します。

【セミナー学習】

大学専科コースの学生を対象とするセミナーが毎月1回、大阪と東京で開講されます。
中医セミナーでは主に中医基礎理論、中医の診断方法(問診・舌診・脈診)や臨床における弁証論治のシステムを、推拿セミナーでは、鍼灸と推拿の基礎理論や臨床疾患の検査法と治療の実技を中心とした内容を指導致します。
科目履修在籍中は、無料にて受講できます(当校のセミナー規定による)。出席は自由です。
また、在籍している学科以外のセミナーにも受講可能ですので、幅広く学ぶことが出来ます。

【単位取得試験】

履修科目の定められた報告課題を提出し、基準に満たされましたら、単位取得試験の受験資格が得られ、その科目の試験を受験します。自宅での試験とし、期限までに提出をして頂きます。合格者には単位取得証明書(学習証明書)を発行致します。合格基準に満たない場合は再試験となります。
添削した報告課題をお返しする際に、試験問題をあわせてお送り致します。

【その他】

大学専科(前期課程)へ編入をご希望の場合はご相談下さい。

資料請求はこちら

カテゴリー

アーカイブ