ページ内リンクです。

ここから本文が始まります

上海本校の紹介

校史回顧

【写真】正門
▲正門

我が校の旧称は上海中医学院であり、1956年に創立され、中華人民共和国が成立後初めて設立された中医高等学院4カ所の一つです。
そして、1985年、教育・医療・科学研究を一体化し、充分に中医薬の特色及び優勢を発揮させるため、上海市中医薬研究院を学内に設ける。
1993年国家教育委員会の許可により上海中医薬大学に更名。
1994年8月には著名な医学家、全国人民常務委員会副会長、呉階平を名誉校長として迎える。

【写真】留学生による推拿実習風景
▲留学生による推拿実習風景

学校設立以来四十年、我が校は中医政策を貫き執行し、中医中薬を受け継ぎ、本科普通教育・研究生教育・成人継続教育、香港・マカオ・各地生を始めとした外国留学生の教育など、高級中医人材の教育システムを形成し、我が国の高等中医教育・医療・科学研究の重要な基地となっています。

【写真】教学棟
▲教学棟

現在、教員・学生・職員など6千名を擁し、そのうち高等専門の技術スタッフが6百名余り、中国工程院院士も一名含まれています。
附属の学院が7カ所、学部は4学部、附属病院が5カ所、研究所12カ所、研究センター8カ所、出版社1カ所等が設けられており、図書館には、1万種以上の蔵書があり、また我が国最古の医学史博物館もあります。
中医基礎医学は、国家理科基礎科学研究と教育人材の養成基地でもあり、中医外科学、中医基礎理論、中薬生物工程研究室、中医肝臓病研究室は、それぞれ教育部、国家中医管理局の重点学科または重点研究室に指定されており、そして7カ所の全国中医専門病専科協力センター、22カ所の上海市中医専門病専科協力センターと2カ所の上海市先進学科があります。

学長の挨拶

上海本校学長 謝建群教授

私ども上海中医薬大学は1956年に新中国で最も早く設立された中国医学高等教育機関であり、上海市にある唯一大きな実績がある医学大学です。開校50年以上の長い間、国家のために各級各種の中国医学の専門人材を育成し輩出して参りました。

上海市浦東地区の先端技術特区に拠点を置き、敷地面積37万m²の広大なキャンパスと敷地面積16万m²の学舎を持つ恵まれた環境の中、基礎医学院・中薬学院・鍼灸推拿学院・看護学院・リハビリ学院・公共健康学院等が設置されており、7,300人を超える本科生や修士、博士、研修生を含めた全日制の学生をはじめ、毎年1000名以上の外国人留学生が世界各地から集まり日夜勉強に励んでいます。また、6つの附属病院をはじめ、専門別に20箇所の附属研究所、15箇所の研究センターも設けており、教授・助教授をはじめ4400人の教職員を擁し、スタッフも充実しており、上海中医薬大学の特徴を重視し、質の高い教育及び研究の進めております。

また、私ども上海中医薬大学が日本における本格的な中医学の教育拠点である附属日本校を設立してから25年となりました。漢方薬をはじめ鍼灸・推拿など伝統医学の専門教育や生涯教育の機会を日本の皆様に提供させて頂くことを目的としており、附属日本校で行う本格的な中医教育によって、より多くの優秀な中医人材が育成輩出されることを期待致しますとともに、彼らが日本の国民の皆様の健康増進に大きく貢献できることを心より念願致しております。

【写真】開校時の校舎
▲開校時の校舎

また、私ども上海中医薬大学は、1990年に日本における本格的な中医学の教育拠点として附属日本関西校を開設致しました。そして、この度2008年6月より校名を「上海中医薬大学附属日本校」とあらため、日本で唯一の附属教育機構として新しくスタート致します。
この附属日本校は、漢方薬をはじめ鍼灸・推拿など伝統医学の専門教育や生涯教育の機会を日本の皆様に提供させて頂くことを目的としております。附属日本校で行う本格的な中医教育によって、より多くの優秀な中医人材が育成輩出されることを期待致しますとともに、彼らが日本国民の皆様の健康増進に大きく貢献できることを心より念願しています。

ここから他ページへ飛ぶリンクナビゲーションが始まります