ページ内リンクです。

ここから本文が始まります

上海本校の紹介

国際交流

本校の対外国際教育活動

改革開放から二十数年、対外教育を担当した国際教育学院は、学校の教育・研究・医療全体の実力及び院内の教師、通訳によりすでに50数カ国の留学生三千人余りを養成しました。
その中で研究生、本科生、研修生等長期留学生は千人近く、短期留学生は毎年450人余りに達します。対外教育の規模は上海及び全国の中医大学校の中ではトップレベルの地位に有ります。

■国際交流センター

国際交流センターは毎年20数カ国の地域から2,000人以上の医学関係者を来賓として迎え、相互の発展に努めるとともに、医療・教育・科学研究の方面において上海中医薬大学の更なる充実した環境作りを目指し活動を行っています。また世界での中国伝統医学の更なる確立を図り、中医薬の国際市場の幅を広げ、海外と中国伝統医学の研究協力や医学交流を行うことによって、世界の医療の発展に尽くしています。
また上海中医薬大学は、中薬研究による中薬(漢方薬)製剤の開発や技術向上を行っており、エイズ、糖尿病、腫瘤(癌)、高血圧など、現代においてもなお治療が困難な病気に対して、その臨床効果をさらに高めるべくより一層の努力を行っています。 そうした中、国際交流センターは、上海中医薬大学が各国と強く協力し、中薬の研究開発から世界における中薬市場の開拓に至るまで、上海中医薬大学と世界の国々との中国伝統医学を通じた活発な国際交流を図る役割を担っています。

【写真】臨床実習を受ける生徒達
▲臨床実習を受ける生徒達
【写真】国際鍼灸訓練クラス開校式典
▲国際鍼灸訓練クラス開校式典
■国際教育学院

国際教育学院は、上海中医薬大学の国際的な教育活動を担う機関です。上海中医薬大学は教育レベルの向上に力を入れ、各国の国情と実際に応じて、それぞれの国の特徴にあった人材を養成しています。1975年WHOの委託を受け、世界伝統医学合作センターと国際鍼灸トレーニングセンターを設立し、過去33年、88ヶ国以上から10,000人の留学生を受け入れ、中医師(中国伝統医学の療法を専門に行う医師)として養成いたしました。現在においても上海中医薬大学には700名以上の外国人留学生が在籍しており、また毎年1,000名以上の短期留学生を受け入れています。また、外国人留学生に対して、英語、日本語、フランス語、韓国語など多種の言語による中国伝統医学の教育も行っています。

【写真】WHO世界伝統医学合作センター
▲WHO世界伝統医学合作センター
【写真】WHO国際鍼灸トレーニングセンターでの補修風景
▲WHO国際鍼灸トレーニングセンターでの補習風景
【写真】WHO国際鍼灸トレーニングセンターでの補修風景
▲臨床実習を受ける生徒達

ここから他ページへ飛ぶリンクナビゲーションが始まります