ページ内リンクです。

ここから本文が始まります

その他コース

戻る

大阪 中医薬膳指導士養成講座平成30年4月開講

推拿は中国伝統医学の一部分であり、長年に渡って医療実践を積み重ねてきた外治法の一種です。
推拿の根拠は中医学にあります。中医学はその昔から、人の“心の疲れ”が生み出す身体の機能低下に向き合い、全体観を大切にしてきました。
中医理論に基づき、多彩な手技を用いて経絡(気の通り道)・経穴(ツボ)を刺激して、身体の不調和に優しく作用します。
時代と共に、その理論はさらに深まり、技法も充実・発展を遂げています。
推拿は正しく修得できると、人に優しく、また自分にも優しい手技療法です。
是非、推拿を習得して、毎日の健康生活にお役立てください。

~短期習得コースでの目標~

◎施術時の正しい姿勢(体勢)を身につける。
施術時の良い姿勢を身につけると、力に頼ることなく、無理のない手技が可能になります。
また、良い姿勢は自らの身体を守ることにも繋がります。
◎基本手技を一つずつ確実に習得する。
比較的使用頻度の高い基本手技の習得にじっくりと取り組みます。
◎部位別に施術を習得する。
肩背部、腰臀部、頭面部など、各部位ごとに施術を習得します。
各部位ごとに自在な施術が可能になると、臨床応用に役立ちます。

●講師:大場 径先生(上海中医薬大学附属日本校 客員講師)

~大場先生から皆様へ~
”中医推拿を学ぶのは難しい・・・” そう感じる方は多いと思います。
私自身、過去何度も挫折感を味わってきました。
その都度、楽しく学ぶきっかけを与えてくれた方々とのご縁があって現在に至ります。
これまで試行錯誤した結果、どうにか効率よく学ぶお手伝いができるようになってきました。
誰でも迷い、悩みながら少しずつ習得していくものだと思います。
 「まずは第一歩、是非一緒に学びましょう!」

■申込み手続き

1. 提出書類
○受講志願書:本校所定の用紙にもれなく記入して下さい。
○写真:上半身、脱帽、正面、無背景、縦4cm×横3cmを3枚
(2枚の裏面には氏名を記入し、1枚は志願書に貼り付けて下さい。) 
○受講希望日チェックシート
2. 申込方法受講申込み方法
①受講申込書類を郵送する場合は、本校所定の封筒を用い、簡易書留でお送り下さい。
②直接持参する場合は、電話により持参日時をご確認下さい。
3. 出願締切
平成30年3月26日(月)(土・日・祝日は受け付けておりません)

■受講開始日

平成30年4月9日(月)(10時~16時)

■学習内容

  日 時 内 容
1 平成30年4月9日(月)
1.推拿学概論(歴史と作用原理)
2.基本手技(揉法、按法、一指禅)
3.肩・背部への施術(常用穴位)
4.少林内功
2 平成30年4月23日(月)
1.中医学の人体観(気血津液、臓腑経絡、体質)
2.推拿の基本手技(擦法、こん法、捏法)
3.腰臀部への施術
4.少林内功
3 平成30年5月14日(月)
1.中医学の治療法(治療原則と治療法)
2.経絡理論の臨床応用➀(手三陽経、足三陽経)
3.推拿の基本手技(推法、抖法、拿法)
4.上肢・下肢への施術
5.少林内功
4 平成30年5月28日(月)
1.経絡理論の臨床応用➁(手三陰経、足三陽経)
2.推拿の基本手技(抹法)
3.頭面部への施術
4.少林内功
5 平成30年6月11日(月) 1.経絡理論の臨床応用➂(督脈、任脈)
2.推拿の基本手技(摩法、振法)
3.胸腹部への施術
4.少林内功
6 平成30年6月25日(月)
1.全身への施術
(仰臥位、伏臥位、座位)
2.少林内功
◎上記の日程は変更される場合がございます。事前にご確認ください。
 
講 師 大場 径(上海中医薬大学附属日本校 客員講師)
時 間 10時~16時
教 室 上海中医薬大学附属日本校内
参加費 180,000円

<お問合わせ、お申し込み先>
 上海中医薬大学附属日本校  大阪市北区西天満1-7-20 JIN・ORIXビル12F 
 TEL:06-6362-1501  FAX:06-6362-1505

■受講料

180,000円(全6回)
30,000円/回    
※受講申込書を受領後、定員を満たし、開講が決定致しましたらお手続についてご案内致します。
〈納付期限〉平成30年4月4日(水)

■証書

全6回を全てお申し込み頂き、受講された方には修了証書を発行致します。

■その他

推拿学科大学専科コースへの入学をご希望の方はご相談下さい。
受講期間中は当校が開催する大学専科コース定期セミナーに無料で参加ができます。



ここから他ページへ飛ぶリンクナビゲーションが始まります