ページ内リンクです。

ここから本文が始まります

教育内容

推拿学科

世界の手技療法の最高峰。あなたの手で人の心身を癒しましょう。

推拿すいな学科は漢方薬や鍼灸と同様に中国伝統医学として確立され、鍼や薬物を用いず、人間の手だけを使い、心身を癒し、疾病を予防・治療する手技療法です。
推拿の「すい」は"おす"こと、「」は"つかむ"ということで、いわゆる中国式の按摩マッサージ療法といえるものです。推拿手技の方法は、日本にある整体、カイロプラクティックや按摩・指圧と比べ、非常に多くの種類があり、各種の手技を組み合わせることによって、患者の体質、症状に合わせた治療を行うことができます。
また、気功による「気」(生命エネルギー)の鍛錬法を学ぶことにより、更に高い治療効果を得ることが出来ます。

推拿手技紹介映像
■受講対象者
●医療関係従事者 ●スポーツトレーナー
●独立開業、転業、副業を目的とする一般社会人
●その他
■学習内容
中国医学史・中医基礎理論・中医診断学・中薬学・
方剤学・推拿基礎学・経絡兪穴学・推拿手技・
推拿治療学・推拿功法
■取得目標資格
●国際中医按摩推拿医師ライセンス受験資格取得

【写真】セミナー風景
▲セミナー風景
【写真】推拿による治療風景
▲推拿による治療風景

卒業生のコメント

推拿学科(後期課程)卒業 髙橋 茂行 国際按摩推拿医師・中医整体らくぜん代表

「第二の人生の新しい船出」
【写真】推拿学科卒業 髙橋 茂行

36年間勤めた会社を退職し、「生涯(労働・学習・現役)」を貫きたく、推拿学科の受講を決意し、54歳から第二の人生へと船出しました。2年間は通信教育を主体に、月2回のセミナー講義、上海短期研修の参加でありましたが、私にとっては、丁度良い密度のカリキュラム内容とスケジュールだったように思います。3年目の留学前に国際按摩推拿医師ライセンスを取得することを目標に取り組み、結果へと結び付きました。

その後、56歳で上海での留学生活がスタートしました。上海での生活は、本当に楽しく、充実した日々を送らせて頂きました。今でも上海の老師の方々などが懐かしく思い出されます。大学での授業、附属病院での臨床実習も日本語が話せる教授、医師、通訳によって、ストレスを感じないカリキュラムでありました。一年間の留学で学んだこと、更には本校卒業の方々のアドバイスは、経験が少ないながらが、帰国後すぐに整体院を開業・主宰した私にとって、大きなプライドとなっています。

推拿学科卒業 平野 みどり 国際按摩推拿医師・中医薬膳指導士
エステサロン STUDIO de VERTS(ストゥーディオ ドゥ ベール)代表

「美容に携わる者として」
【写真】推拿学科卒業 平野 みどり

中医学を知るきっかけになったのは、『中医学はバランス医学』という言葉をある講座で知りました。多種多様な人々の病は根本原因を突き止めて予防し改善していくという考えに感銘を受け勉強したいという気持ちになり、上海中医薬大学附属日本校に入学することに決めました。在学中は、通信学習が主体で、セミナー講義や上海本校の附属病院での臨床研修を受けることにより、更に理解を深め、国際推拿按摩医師を取得することができました。その後、中医薬膳指導士養成講座の1期生として卒業させて頂くことにもなり、講師の先生方やスタッフの皆さまのお蔭だと感謝しています。

美容に携わる者として『健康であれば肌の調子も良く、気分も明るくなり、人にも優しくなれる。大切なのは、チョッとした身体の変化に気づき早めの対処をする事』を学びましたので、これからもサポートしていきたいと思います。

推拿学科卒業 新開 庸雅 中国伝統医学あべのついな整体院院長

「気功推拿に出会って」
【写真】推拿学科卒業 新開 庸雅

「日本で推拿はマイナーな存在ですが、中国の病院では内科、鍼灸科、骨傷科と共に推拿科が存在し、疾患に対して治療を行い医学として確立しています。単にマッサージをするだけでなく、中医学基礎理論を基に弁証論治(西洋医学的には診断)から症状によって手技やツボを使い分けます。この基本的な事を基礎からしっかり学ぶ事が出来るのが上海中医薬大学附属日本校です。また、推拿学科だけに止まらず他の学科も学び本校へ留学する事によってより理解が深まります。本物の知識と技術を獲得する事が自信と独立開業成功の秘訣です。」

推拿学科卒業 樽本 吉弘 推拿院経営

「中医手技療法を学んで」

「日本校で推拿の勉強を始めるまでは【写真】推拿学科卒業 樽本 吉弘難しいものだと思っていましたが、御校で基礎をしっかり学び、また上海での臨床実習で奥深さも知りました。念願の治療院を開院することができ、患者様の健康の一助になっている事が励みになっています。増加する高齢者や、ストレス社会に対して推拿で活躍できる場は増えています。一人でも多くの方が、先人の経験により、発展してきた技術を学んで、更に発展させて継いでもらいたいと思います。」

推拿学科卒業 松田 立美 株式会社ラフィスコスメティック

「中医学の素晴らしさに出会い」
【写真】推拿学科卒業 松田 立美

「中医学の素晴らしさ、弁証論治の奥深さ、そして推拿の手技の高度さに圧倒され、感動の日々でした。陰陽五行に基づき、心と体のバランスを整え、「予防・回復・改善」を副作用なく安全にできるのも推拿の特徴!私が勤めている会社は、中部地区を中心にエステティックサロンを展開しています。スパサロンオープンに伴い、お客様に「リラクゼーション」と「推拿療法」のコラボしたボディケアを提供したくて入校させて頂きました。推拿は、ストレス社会といわれている現代には必要不可欠ではないでしょうか。経絡に沿って経穴への刺激は、体の芯からほんわりと温かくなり、血液やリンパの流れをスムーズにし、 "健康"になるだけでなく"美容効果"の高さも満点です。お客様にも大変喜んで頂いています。」

ここから他ページへ飛ぶリンクナビゲーションが始まります