ページ内リンクです。

ここから本文が始まります

教育内容

中医学科

五千年の中国伝統の知恵で21世紀に求められる真の医療者を育成します。

中医学科とは、漢方薬を用いた治療法を、その基礎的理論から診断学・薬学・方剤学、そして実際の内科・婦人科・小児科等における各病態に応じた処方学までを系統的に学ぶ学科です。
中薬(生薬)には、それぞれに持つ薬性(四気・五味・昇降浮沈・補瀉・帰経・有毒無毒)があり、その薬性に基づいて数種の生薬を組み合わせた方剤が構成されています。日本でも「薬局製剤」として、200種類を超える方剤の使用が認められているのですが、医学部や薬学部での教育には、これら漢方薬の方剤の運用に関する専門的な教育が行われていないため、これら200種類を超える方剤が十分に、また正しく使用されていないのが現状です。
本学科では、この天然の資源であり、有効な薬材資源である漢方薬(方剤)が、日本においても十分に、また正しく使われるようになるために、先ず第一に医師や薬剤師、また登録販売者の方々に学んでいただくことを目的としています。

■受講対象者
●医師 ●薬剤師 ●栄養士(薬膳等の研究を目的とした)
●登録販売者 ●その他
■学習内容
中国医学史・中医基礎理論・中医診断学・中薬学・方剤学 中医内科学・中医小児科学・中医婦人科学
■取得目標資格
●国際中医師ライセンス受験資格取得

【写真】臨床応用講義 漢方診断に重要な脈診と舌診の実技を行います。
▲臨床応用講義
漢方診断に重要な脈診と舌診の実技を
行います。
【写真】中薬標本 生薬170種
▲中薬標本 生薬170種

資料請求

卒業生のコメント

中医学科卒業 西村 信一 
医師 西村医院院長

 
【写真】中医学科卒業 西村 信一

天満の教室で先生方に情熱をこめられた講義をしていただいたのは阪神大震災の年の春でしたが、その後5年程も在籍させて戴き勉強することができました。現在8割位の患者さんには漢方を使用し、站功や三線放松功も治療の一つとして取り入れており、中医学は重要な方針と道具になっています。漢方併用は一般的印象とは逆に即効性が得られますし、経過も穏やかになる例が多いです。習慣性に陥り易そうな方には漢方使用は特に有意義であります。予想外の効果がしばしばあり、中医学の奥深さを感じることも多くあります。また、「気」については、その概念に変遷はあるにしろ、実践する中ではやはり実体的なものと感じられ、私にはますます奥深さの印象が増している昨今であります。

中医学科卒業 渡邊 一哉
鍼灸師 国際中医師 円山漢祥院院長

 
【写真】中医学科卒業 渡邊 一哉

私は、中国医学の三大古典「傷寒論・金匱要略」「黄帝内経」「神農本草経」の研究をライフワークとしております。近年、中国の高名な老中医の先生方の古典研究に関する論説に触れる機会があり、その際、その中で使われている現代の中医学用語に少なからず困惑いたしました。そこで、現代の中医学を正確に理解しておくことは、今後のために必要不可欠であろうと考え、思い切って当校マスターコースで学ばせていただくことにしました。マスターコースの教育カリキュラム・教材等は秀逸であり、古典研究の傍ら短期間に中医学の知識を身に付けることができ、大変感謝しています。

中医学科卒業 崎山 久美子
薬剤師 国際中医師 花凛堂漢方薬局経営

 
【写真】中医学科卒業 渡邊 一哉

私は薬剤師ですが、中医学を勉強したのは上海中医薬大学附属日本校が初めてでした。在学中は、内容が難解で課題を毎月提出するのが精一杯でしたが、スタッフや講師の方々のサポートのおかげで無事卒業し、国際中医師ライセンスを取得することができました。現在、大阪で漢方薬局を開業し毎日漢方相談を行っていますがテキストを見直すことも多く、そのたびに新しい発見があります。
中医学は終りのない学問です。その始まりが上海中医薬大学附属日本校でよかったと思っています。

中医学科卒業 高木 明子
薬剤師

 
【写真】中医学科卒業 渡邊 一哉

私が中医の勉強を始めたのは、今から6年前です。病院薬剤師として勤めていくうちに、西洋医学の限界に出会うことも多くなり、また病院の漢方外来で処方される漢方薬について、患者様にありきたりの説明しかできないことに情けなく思い、上海中医薬大学に入学しました。仕事が忙しく、課題も大変でしたが、自分のペースで勉強し、試験を受けることができたので続けていけたと思います。中国への留学では、本当に良い先生に出会え、大変勉強になりました。また上海中医大学の日本人本科生とも交流が持て、貴重な体験となりました。この経験をいつか生かせるよう、今後もがんばって行きたいと思います。

▲ページのトップへ

ここから他ページへ飛ぶリンクナビゲーションが始まります