ページ内リンクです。

ここから本文が始まります

インフォメーション

中医鍼灸臨床特別セミナー開催のご案内

鍼灸イメージ

皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
さて、この度、下記の要領で「中医鍼灸特別セミナー」を開催することとなりましたのでご案内申し上げます。
医師・鍼灸師など臨床家の皆様をはじめ、また中医鍼灸を学ばれている学生の皆様に、是非とも本場の中医鍼灸理論を身に付けて頂きたく、本セミナーの開催を計画致しました。
皆様には是非ともご参加頂きたいと存じます。

■講義内容

鍼灸師のための中医臨床における弁証論治の応用

■講  師

孫 樹建先生

■日  時

平成29年4月16日(日) 13時~16時

■会  場

上海中医薬大学附属日本校 教室

■受 講 料

5,000円
10,000円
10,000円
(在学生)
(卒業生)
(一 般)
※当日受付にてお支払い下さい。

■申込み方法

別紙の申込み書に必要事項を記入の上、日本校までご返送下さい。
お電話及びEmailでも受付致します。

E-mailでのお申し込みの場合:
氏名(フリガナ)・郵便番号・住所・電話番号・携帯電話番号・E-mailアドレス・所属学科・職業を明記の上、メールでお申し込み下さい。
件名には「中医鍼灸臨床特別セミナー 申込み」とご記入下さい。

 〒530-0047 大阪市北区西天満1-7-20
 上海中医薬大学附属日本校
 TEL06-6362-1501 FAX06-6362-1505
 Email:mail@shutcm.ed.jp

■申込み期限

平成29年4月10日(月)

参加申込書

中医薬膳実践講座~季節の薬膳

調理写真
※写真はイメージです。


■ご案内

当講座では、日常生活の中で起こる季節ごとに現れやすい症状など、五季の養生を中心として、どのような食材を選び、献立を組みたてていくかを学びます。各回食材の選び方、生薬を食材としての置き換えについてなどもあわせて、講師の先生による解説と実演、試食までを行います。今回は前期のご案内です。前期は全3回で春・梅雨・夏の食養生となります。
基礎知識を振り返りながら、更に知識を高め、より実践力を向上させ、ご家庭での日々の食生活をはじめ、仕事としての食のアドバイスにお役立て下さい。是非、皆様のご参加をお待ち致しております。

■日程及び内容

◎[第1回・春の養生]

春は目覚め、発生の時期であり、自然界でもエネルギーが高まってくる生長の季節です。自然界では動物たちは活動を始め、木々も一斉に芽吹いてくる中、人の体も陽気が活発になるに連れ、気血の流れも上昇し、冬の間にため込んだ老廃物の排出や解毒に最適な季節です。
 この時期には体内の気血を巡らせて、病気の発生を防ぐことが大切です。春に人体に影響を与えるのが風邪。この風邪が花粉症によるかゆみや肌荒れなどのトラブルになる要因もあります。

◎[第2回・梅雨の養生]

1年の中で最も雨が降り続き、じめじめとした季節。梅雨時期は、自分の体も天気と同じように、湿邪に覆われた状態になり、体が重く感じたり、むくんだり、すっきりしない状態が続きます。
 湿邪の多いこの季節、皮膚から湿気が入りやすい上に、体内の水分が発散しにくくなり余分な水分となって体内に溜まりやすく、気血の流れがスムーズにいくことを妨げます。
脾をいたわり、水分代謝を活発にして湿邪を取り除くことですっきりしない症状を解消します。

◎[第3回・夏の養生]

夏は自然界の陽の気が最大になる季節です。この季節の大敵は暑邪。体の気を上昇させ、熱の症状が出やすくなります。
 体内の熱を下げようと汗を出すことで、津液と気を消耗し、血液がドロドロに。このドロドロになった血を全身に流すために心に負担がかかる季節です。
 その他には、口渇、意識朦朧、皮膚の乾燥、だるいなどの症状が上げられます。心は血脈、神志を司りますので、心を鍛え、夏の暑さに負けない心身をつくることが重要です。

〔日 程〕

◎[第1回・春の養生]
 □日程:平成29年3月29日(水)  11時~14時
 □申込み期限:平成29年3月15日(水)

◎[第2回・梅雨の養生]
 □日程:平成29年5月17日(水)  11時~14時
 □申込み期限:平成29年5月2日(火)

◎[第3回・夏の養生]
 □日程:平成29年6月21日(水)  11時~14時 
 □申込み期限:平成29年6月7日(水)

◎各回実演内容(予定)
 ・薬膳茶
 ・薬膳スープ
 ・メインディッシュ
 ・ごはんもの
  ※内容は回により変更される場合があります。

◎会場:上海中医薬大学附属日本校 教室
     大阪市北区西天満1丁目7番20号
     TEL:06-6362-1501   FAX:06-6362-1505

◎講師:清水 幸子先生[管理栄養士・中医薬膳指導士]

 

■受 講 料

8,000円(1回)

■定  員

10名

最低定員(5名)に満たない場合は、開講を見送る場合がございますので、 予めご了承下さいますようお願い致します。
各回とも定員(申込順)になり次第、締切りますので、お早めにお申込み下さい。


■申込み方法

1.

申込み方法

郵送又はFAXの場合:別紙受講申込書にもれなく記入して、当校までお送り下さい。
             
直接持参する場合: 電話により持参日時をご確認下さい。
(受付:
月曜日~金曜日 9:30~18:30・定期セミナー開催日)

E-mailでのお申し込みの場合:
参加希望日・郵便番号・住所・氏名(フリガナ)・電話番号・携帯電話番号・E-mailアドレス・職業を明記の上、メールでお申し込み下さい。
件名には「中医薬膳実践講座申し込み」とご記入下さい。

TEL:06-6362-1501   フリーダイヤル:0120-812-788  
FAX:06-6362-1505  E-mail:mail@shutcm.ed.jp

2.

当校にてお申し込みを確認後、受講料のお支払いについてご案内致します。

受講料の納付確認後、講座のお申し込みが完了となります。

※納入された受講料は、欠席された場合でも、原則としてご返金が出来ません。
  また、欠席された講座のテキストは配布致しますが、振替え等は行っておりませんので 
  ご了承下さいますようお願い致します。

※本講座は「中医薬膳指導士養成講座」を修了された方にご案内しておりますが、
  「中医健康養生学講座」及び「中医薬膳指導士養成講座」の受講をご希望の方には、
  薬膳体験授業(1回・有料)も受付致します。

参加申込書

上海中医薬大学短期研修(関西国際空港・東京出発)

◆平成29年5月1日(月)~5月6日(土) 5泊6日

上海中医薬大学は本大学附属日本校の学生の皆様が研修にお越し下さることを心より歓迎致します。
この度、上海中医薬大学本校にて上海中医薬大学短期研修を行うこととなりました。
今回の研修は、主に附属病院にて大学の教授陣に難病の治療を指導して頂き、また中国の現場で医者としての治療も直接体験することが可能です。皆様の将来の臨床活動に必ず役に立つことと思います。
尚、定員20名になり次第締め切らせて頂きますのでお早めにお申込み頂けますようお願い申し上げます。

上海中医薬大学
【コ ー ス】 中医研修・鍼灸研修・推拿研修
【期  間】 平成29年5月1日(月)~5月6日(土) 5泊6日
【研修施設】 上海中医薬大学及び上海中医薬大学附属病院
【募集人数】 20名限定
【募集期間】 先着順20名になり次第締切
※最少人数に満たない場合は、中止することがありますのでご容赦下さい。
【費  用】 210,000円

[費用に含まれるもの]
     ・研修費
     ・大阪-上海往復チケット代金(東京出発は別途加算)
     ・食事費(5月6日の昼食代は含まれません)
     ・宿泊費 ※2名1部屋使用 
     ・上海空港-ホテル送迎(5月1日)
     ・ホテル-研修施設送迎
     ※旅行保険は入っておりません。個別で加入をお願い致します。

【特  典】 研修修了者に修了証書を授与
【申込み先】

申込書を記入の上、日本校まで送付してください。(担当:山本敦子)
〒530-0047  大阪市北区西天満1-7-20 
上海中医薬大学附属日本校
TEL06-6362-1501 FAX06-6362-1505

■提出書類について

申込書1部
注)名前のローマ字記入欄には必ずパスポートと同じ綴りでご記入下さい。
写真3枚:3.5cm×4.5cm(1枚は申込書に貼付・1枚は研修修了証書用と予備)
パスポートのコピー
確認書

■学費等の支払について

≪費  用≫

 210,000円
 関西国際空港以外からの出発の場合は金額が異なります。
 関西国際空港、成田国際空港以外からをご希望の場合はご相談下さい。
 ※キャンセルされた場合は、キャンセル料がかかります。

≪支払方法≫

銀行口座までお振込みください。
※費用につきましては、定員を満たした後、当校より改めてご請求致します。

≪振込口座≫

三菱東京UFJ銀行 天神橋支店 
普通口座 0005594
口座名義 上海中医薬大学附属日本校
(シャンハイチュウイヤクダイガクフゾクニホンコウ)
*口座名義のお間違えの無いようにお願いします。

■パスポート取得について

定員を満たした後、当校より研修の開催をご連絡致しますが、その時点でまだパスポートを取得されていない方は至急取得して下さい。
また、取得者でも有効期限まで7ヶ月以上残っていない方も再取得して下さい。

■提出期限について

平成29年3月24日(金)必着

■出発までの日程について

申込み書及び費用の納入確認後、事務局にて研修の諸手続きを行います。
詳細につきましては手続き完了後、改めて御案内を送付いたします。

■研修日程表(予定)

5月1日(月) 出発
ホテルチェックイン
※夕食後自由活動
5月2日(火) (9:00~12:00) 
・開学式
・本学構内・医学史博物館見学
(13:00~16:00)  臨床実習
(17:30~)      夕 食
※夕食後自由活動
5月3日(水・祝) (8:00~12:00)   臨床実習
(13:30~16:30)  臨床実習
(17:30~)      夕 食
※夕食後自由活動
5月4日(木・祝) (8:00~12:00)   臨床実習
(13:30~16:30)  臨床実習
(17:30~)      夕 食
※夕食後自由活動 
5月5日(金・祝) (8:00~12:00)   臨床実習
(13:30~16:30)  教室講義
(17:30~)      夕 食
※夕食後自由活動 
5月6日(土)

ホテルチェックアウト
※自由活動 
※帰国

航空便の予約状況、研修を実施する附属病院により、上記の研修時間等の変更を行う場合があります。最終日程は、決定次第お知らせ致します。

■記■

持物
筆記用具・動きやすい軽装・白衣

※パスポートはお忘れのない様ご注意下さい。

費用に含まれないもの

ホテルでの電話代・クリーニングその他の個人で使う費用・空港までの交通費など

ホテル

最終日程と併せてご案内致します。

上海の気候

関西地域とほぼ同じです。

証書について

上海中医薬大学より研修修了証書が発行されます。

中医診断法講座・全4回・東京

講習日時 講習内容 申込期限

H29年4月5日(水) 1)中医学四診法の概論
2)舌診法の中医学原理
3)舌診の内容と正常舌象
4月3日(月)

H29年4月12日(水) 1)舌質の異常現象及び臨床意義
2)舌苔の異常現象及び臨床意義
4月10日(月)

H29年4月19日(水) 1)脈診の中医学原理
2)脈診の内容と正常脈診
3)弦脈・洪脈・浮脈・沈脈の特徴及び臨床意義
4月17日(月)

H29年4月26日(水) 遅脈・数脈・長脈・短脈・緊脈・滑脈・渋脈・結脈・代脈の
特徴及び臨床意義
4月24日(月)


◎上記の日程は変更される場合がございますので、事前にご確認下さい。
◎参加ご希望の場合は、事前にお申し込み下さい。

  講 師:陳 雷  上海中医薬大学附属日本校准教授・中医師
  日 程:上記参照 13:30~15:30
  参加費:一般 4,000円 ・ 大学専科コース卒業生・在学生 2,000円
  会 場:上海中医薬大学附属日本校 東京事務局
                      東京都千代田区神田小川町 3丁目28番地13号
                ラフィネお茶ノ水504号室    
                TEL:03-5577-6402  FAX:03-5577-6403

■申込み方法

1.電話でのお申し込み
 TEL:06-6362-1501 日本校本校までお電話下さい。
 (月曜日~金曜日 9:30~18:00・祝日は除く)
  
2.FAX・E-mailでのお申し込み
参加希望日、郵便番号・住所・氏名(フリガナ)・電話番号・携帯電話番号・E-mailアドレス・職業を明記の上、メール又はFAXでお申し込み下さい。件名には「中医診断法講座 申し込み」とご記入下さい。
 F A X :06-6362-1505
 E-mail:mail@shutcm.ed.jp

中医気功学 特別セミナー開催のご案内

気功は現代的な名称ですが、古代では「導引」と呼ばれ、「按摩」「鍼灸」「生薬」と並んで、中医学の臨床治療法に属するものです。今でも一種の健康法としても注目されています。
本セミナーでは、中国本場の伝統医学に基づいた、気功の概念や特徴について講習を行います。また、理論とともに伝統的な気功鍛錬法もご紹介致します。
気功に興味がある方、気功を活用したい方におすすめのセミナーです。
是非、この機会をお見逃しなく、ご参加の程お願い申し上げます。

■日  時

平成29年1月15日(日) 13:00~16:00

■内  容

①中医学導引気功の練習ポイント
②「八段錦」の練習内容と練習要点
③「八段錦」の臨床応用

■会  場

学校法人 お茶の水学園(お茶の水スクール・オブ・ビジネス)
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3丁目28番10号
※参加人数により、会場が変更される場合はありますので、事前にご確認 下さいますようお願い致します。

■講  師

陳  雷(中医師・上海中医薬大学附属日本校 専任講師)

■参 加 費

大学専科の在学生及び卒業生:5,000円
                一 般:8,000円 
             ※当日受付にてお支払い下さい。

■申込み方法

1.電話でのお申し込み
 TEL:06-6362-1501 日本校本校までお電話下さい。
 (月曜日~金曜日 9:30~18:00・祝日は除く)
  
2.FAX・E-mailでのお申し込み
郵便番号・住所・氏名(フリガナ)・電話番号・携帯電話番号・E-mailアドレス・職業を明記の上、メール又はFAXでお申し込み下さい。件名には「中医気功学特別セミナー申し込み」とご記入下さい。
 F A X :06-6362-1505
 E-mail:mail@shutcm.ed.jp

■申込み期限

平成29年1月11日(水)
※最低定員に満たない場合、日程を変更する場合があります。


中医四診講習・全10回・東京

講習日時 講習内容

H28年9月21日(水) 1)四診合参の重要性
2)望診の基本内容(神・色・形・態)
3)全身望診(体態、神志、動作など)
4)局部望診(眼神、眼色、顔色など)

H28年9月28日(水) 【舌診】一
1) 舌診の中医臨床意義
2)舌診の内容(神・色・形・態)
3)舌形の異常と臨床診断

H28年10月12日(水) 【舌診】二
1)舌質の異常と臨床診断
2)舌苔の異常と臨床診断

H28年10月19日(水) 【聞診】
1)聞診の中医臨床意義
2)臭い診断(病体臭・病室臭)
3)音声診断(発声・言葉・咳嗽・腸鳴など)

H28年11月2日(水) 【問診】(一)
1)寒熱の問診
2)汗の問診
3)頭身の問診
4)二便の問診
5)飲食の問診

H28年11月9日(水) 【問診】(二)
1)痛みの問診
2)女子の経、帯、胎、出産の問診
3)小児の問診

H28年11月16日(水) 【脈診】(一)
1)総論、脈診の注意事項
2)正常の脈象(平脈)胃、神、根

H28年11月30日(水) 【脈診】(二)
弦、洪、浮、沈、数、遅脈の臨床診断

H28年12月7日(水) 【脈診】(三)
滑、渋、緊、細、弱、結、代脈の臨床診断

10

H28年12月14日(水) 【按診】
1)按診の分類
2)診の技法(触・摸・圧・叩)
3)按診と中医臨床診断


◎上記の日程は変更される場合がございますので、事前にご確認下さい。
◎参加ご希望の場合は、事前にお申し込み下さい。

  講 師:陳 雷  上海中医薬大学附属日本校専任講師・中医師
  日 程:上記参照 13:30~15:30
  参加費:一般 4,000円 ・ 大学専科コース在学生 2,000円
  会 場:上海中医薬大学附属日本校 東京事務局
                      東京都千代田区神田小川町 3丁目28番地13号
                ラフィネお茶ノ水504号室    
                TEL:03-5577-6402  FAX:03-5577-6403

■申込み方法

1.電話でのお申し込み
 TEL:06-6362-1501 日本校本校までお電話下さい。
 (月曜日~金曜日 9:30~18:00・祝日は除く)
  
2.FAX・E-mailでのお申し込み
参加希望日、郵便番号・住所・氏名(フリガナ)・電話番号・携帯電話番号・E-mailアドレス・職業を明記の上、メール又はFAXでお申し込み下さい。件名には「中医四診講習申し込み」とご記入下さい。
 F A X :06-6362-1505
 E-mail:mail@shutcm.ed.jp

■申込み期限

各回前週金曜日まで

推拿療法研修会(テクニカルコース)

〔目  的〕

当研修では、中医推拿療法の各臨床応用に対する弁証と操作の強化、また推拿臨床を巡る情報の交換を目的とします。

受講対象:
1.中医健康養生学講座[基礎編]・[応用編]・[実践編]の全編修了者
2.中医手技療法士短期育成コースの修了者
3.臨床中医外治療法士養成講座の修了者
4.推拿学科大学専科コース・鍼灸学科大学専科コース・中医学科大学専科コースの在学生及び卒業生
5.その他、推拿臨床に携わる方・興味がある方

日 程:[日程及び内容] をご参照下さい。

定  員:2~10名 (必ず事前にお申し込み下さい) 

受 講 料:上記の受講対象1~4の該当者 :4,000円/回(参加料は当日お支払い下さい)
        上記の受講対象5の該当者   :6,000円/回(参加料は当日お支払い下さい)


■申込み方法

○申込締め切り日:日程表をご参照下さい。
○お申込方法:

・電話:06-6362-1501(日本校まで)
※受付時間:平日9:30~18:00
※)日程が変更された場合、申込者の方のみに変更をご連絡致しますので、参加ご希望の方は必ず事前にお申し込み下さい。
※)日程が変更になりましたら、その都度、ホームページのセミナー日程を更新致しております。

 
 

■会 場

上海中医薬大学附属日本校 東京事務局
東京都千代田区神田小川町3丁目2813ラフィネお茶の水504号室
TEL:03-5577-6402

■学習日程について

日 程(27年) 内容

5/12(火) 【病例】肘・手首・指などの関節疼痛症の中医推拿診療

6/2 (火) 【技法】一指禅及び臨床応用

7/15 (水) 【病例】膝関節痛の中医推拿診療 ※10:30~12:30

8/26(水) 【技法】摩擦類手技及び臨床応用 ※14:30~16:30

9/16(水) 【病例】外反母趾症の中医推拿診療 ※14:30~16:30

10/21(水) 【技法】滾法及び臨床応用 ※14:30~16:30

11/18(水) 【病例】浮腫み症の中医推拿診療 ※14:30~16:30

12/16(水) 【技法】按圧類手技及び臨床応用 ※14:30~16:30

参加者には、検討希望がある臨床実例2、3個のご用意お願いします。

日程は変更される場合がございますので、事前にご確認ください。
講 師:陳  雷(中医師・上海中医薬大学附属日本校講師)        
時 間:16:30~18:30

平成25年 中医鍼灸臨床セミナー

■概要

時 間 13時~16時
講 師

孫 樹建 (上海中医薬大学教授・中医師・医学博士)
張 暁峰 (上海中医薬大学附属日本校 講師・中医師・天津中医薬大学附属第一病院客員教授・医学博士)
陳 雷 (上海中医薬大学附属日本校・専任講師中医師)

 

■会場

日本校(大阪):
〒530-0047 大阪市北区西天満1-7-20 TEL:06-6362-1501

東京教室:
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-28-10 
学校法人お茶の水学園 お茶の水スクールオブビジネス

※会場が変更となっております(東京事務局→お茶の水学園)に変更

セミナーに関するお問合せは、
日本校 06-6362-1501
東京事務局 03-5577-6402 (火・水・木曜日)
までお願いします。

■受講料

一般 8,000円
※大学専科コースの在学生無料
但し、規定により、入学された月から3年以内の学生は無料、3年を経過された学生は4,000円をお支払い下さい。
※当日受付にてお支払い下さい。

■申込み方法

お電話及びEmailで受付致します。
セミナーに関するお問合せ:
日本校 06-6362-1501
東京事務局 03-5577-6402 (火・水・木曜日)

 
申し込み書メールフォーム

■申込み締切

第1回:平成27年5月20日(水)

第2回:平成27年7月8日(水)

第3回:平成27年9月24日(木)

第4回:平成27年10月28日(水)

第5回:平成28年5月25日(水)

第6回:平成28年6月29日(水)

第7回:平成28年9月21日(水)

第8回:平成28年11月2日(水)

■学習日程について

  日程・会場 内  容 講 師
第1回 平成27年
5月24日(日)
会場:日本校(大阪)
①鍼灸学の概論
②鍼刺の得気意味と催気方法
③精神疾患の弁証取穴及び特殊鍼刺法(項叢刺法)
孫 樹建
第2回 平成27年
7月12日(日)
会場:東京教室
①経絡の概論(構成、走向、機能)
②十二正経の有穴通路と無穴通路及び臨床応用法
③不眠症(自律神経失調症)の鍼灸療法
陳 雷
第3回 平成27年
9月27日(日)
会場:日本校(大阪)
①腧穴の概論(定義、内容、分類、機能、定位)
②鍼刺の補瀉法
③特殊な鍼刺法で急性疼痛の治療(帯状疱疹、痛風症、 歯痛)
張 暁峰
第4回 平成27年
11月1日(日)
会場:東京教室
①九鍼及び伝統鍼刺法の紹介
②十二正経の主病(弁証法)及び臨床応用
③生活習慣病(糖尿病、高血圧症など)の鍼灸療法
陳 雷
第5回 平成28年
5月29日
会場:日本校(大阪)
①お灸の源流、分類及び臨床応用
②募穴、兪穴の内容及び臨床効用
③生理不順、生理痛などの婦人科疾患の鍼灸療法
張 暁峰
第6回 平成28年
7月3日
会場:東京教室
①火爟療法の源流、臨床応用
②原穴絡穴、郄穴、八会穴の内容及び臨床効用
③慢性疾患の鍼灸療法(心臓病、胃腸機能低下、腎臓病)
陳 雷
第7回 平成28年
9月25日
会場:日本校(大阪)
①奇経八脈の内容、主病(弁証法)及び臨床応用(怪病 の治療)
②八脈交会穴、経外奇穴の内容及び臨床応用
③運動器系病症(頸椎症、五十肩、テニス肘、腱鞘炎 など)の鍼灸療法
張 暁峰
第8回 平成28年
11月6日
会場:東京教室
①カッサ療法と放血法のやり方及び臨床応用
②五輸穴の内容及び臨床応用
③ギックリ腰症、寝違い症の鍼灸療法
陳 雷
上記の日程は変更される場合がございますので、事前にご確認下さい。

家庭でやさしい「日常の中医健康法」セミナー

■ご案内

元気回復と健康づくりを志向する方、また仕事や家事による疲れ、筋肉凝りなどの日常的な自覚症状を改善したい方に、自宅でも活用できる中医学の健康法をご紹介致します。
是非、ご自身や周りの方々の健康にご活用下さい。
当講座は少人数制で行いますので、定員6名になり次第締め切らせて頂きます。
是非、お早めにお申込み頂けますようお願い申し上げます。

〔日 程〕毎回火曜日 10:30~12:00

〔受講料〕2,500円/回 ※受講料は当日お支払い下さい。

〔対象者〕一般の方どなたでも受講出来ます
・ご自身、家族の健康維持と健康促進をお考えの方
・中医学の健康法に趣味がある方

〔定 員〕6名/回  ※参加定員を満たした場合、申し込みは終了とさせて頂きます。

■会場

〒101-0052
東京都千代田区神田小川町3丁目28番地13号 
ラフィネお茶の水504号室
TEL:03-5577-6402 FAX:03-5577-6403

■申込み方法

次のいずれかの方法でお申し込みください。

1.
電話でのお申し込み
TEL:06-6362-1501 日本校までお電話下さい。
2.
FAX・E-mailでのお申し込み
参加希望日・郵便番号・住所・氏名(フリガナ)・電話番号・携帯電話番号・E-mailアドレス・
職業を明記の上、メールでお申し込み下さい。件名には「日常中医健康法講座 申し込み」と
ご記入下さい。
宛先:FAX:06-6362-1505 または E-mail:mail@shutcm.ed.jp
 

■受講料のお支払い方法

受講料は当日お支払い下さい。

■学習日程について

日 程
内   容
申込み締め切り日
2月17日
(火)
春の健康法①
薬膳法
免疫力を高める薬膳
2月12日(木)
3月17日
(火)
春の健康法②
気功法
背骨の整えを行う気功

3月11日(水)
4月21日
(火)
春の健康法③
ツボ法
肩こりと頭痛を緩和するツボ
4月15日(水)
5月19日
(火)
夏の健康法①
薬膳
夏バテを改善する薬膳
5月13日(水)
6月16日
(火)
夏の健康法②
気功
睡眠と疲れを改善する気功
6月10日(水)
7月21日
(火)
夏の健康法③
ツボ
胃腸機能を整えるツボ
7月15日(水)
8月18日
(火)
秋の健康法①
薬膳
乾燥を改善する薬膳
8月11日(火)
9月15日
(火)
秋の健康法②
気功
メタボの予防と改善をする気功
9月9日(水)
10月20日
(火)
秋の健康法③
ツボ
浮腫みと冷え性を改善するツボ
10月14日(水)
11月17日
(火)
冬の健康法①
薬膳
からだを温める薬膳
11月11日(水)
12月15日
(火)
冬の健康法②
ツボ
腰痛の予防と改善をするツボ
12月9日(水)
2016年
1月19日(火)
冬の健康法③
気功
足腰強化とアンチエイジングの気功
2016年
1月13日(水)
上記の日程は変更される場合がございますので、事前にご確認下さい。

国際中医薬従事人員資格試験実施要項(国際中医・鍼灸・推拿ライセンス)

■本試験の主旨

中医医療に従事している人材に対して、理論及び臨床診断・治療技能の試験を実施し、客観的にその人材の専門水準を評価し医療の資質を保証するとともに、中医学術水準のたえざる向上を促進することを目的とする。

■実施組織

本試験は中国政府衛生部(日本の厚生労働省に該当)が外郭組織する「世界中医薬学会聯合会」と「世界鍼灸学会聯合会」が主催実施する試験で、上海中医薬大学附属日本校が募集及び申込み手続きにかかる業務を行う。

■試験科目

【中医専門】  [中医基礎理論] [中医診断学] [中薬学] [方剤学] [中医臨床学] [弁証施治]
【鍼灸専門】  [中医基礎理論] [中医診断学] [鍼灸学] [正常人体生理学] [弁証施治]
 [鍼法灸法取穴操作]
【推拿専門】  [中医基礎理論] [中医診断学] [正常人体解剖学] [鍼灸学・推拿学] [弁証施治]
 [推拿治療手法操作]

■試験の合格標準

総合点数は600点(満点)とし、360点以上を合格点とします。

■受験資格

詳しくは当校までお問い合わせください。

■受験申込方法

所定の受験申請書に必要事項を記入の上、その他の必要書類と併せて上海中医薬大学附属日本校へ申込みのこと。 郵送の場合は返信用封筒で送付のこと。
○受験申請書
○受験資格に適合することを証明するもの
 ※当校以外の卒業証書の写し・学習証明書・資格証明書(薬剤師免許等)等のいずれか
○証明写真6枚 縦4.5cm×横3.5cm
 (1枚は申請書に添付し、残りは裏面に氏名を漢字とローマ字で記入)
○受験科目記入用紙
○身分証明書のコピー(パスポート・住民票・戸籍抄本又は謄本のいずれか一つの写し)

申込金の納付先については、受験申請者へ改めてお知らせします。
(当校で申請書を確認後、郵送します。)
納付されました申込金はキャンセルの場合でも返金されません。

□申込み締め切り日:平成28年9月

■試験の日時と実施場所

□試験日 平成28年11月
□実施場所 上海中医薬大学附属日本校

■お問い合せ・受験申込先

上海中医薬大学附属日本校
〒530-0047
大阪市北区西天満1-7-20
TEL:06-6362-1501 FAX:06-6362-1505

日中大学フェア&フォーラム参加のお知らせ

■「第2回日中大学フェア&フォーラム」に参加しました。

この度、上海中医薬大学と日本校が「第2回日中大学フェア&フォーラム」に参加いたしました。多くの方のご来場誠にありがとうございました。
>>開催中の画像はこちらをごらんください。

当校校長による全国出張講演のご案内

■出張講演のご案内

当校では、公益活動の一環として、一般の方々で構成されている団体や組織の皆様のご要望に応じて、「健康」や「東洋医学」「中医学」に関する内容をテーマとした特別講演を無料で受け賜っております。
全国どこでも出張致します。
皆様の健康のため、日常生活に中医学(東洋医学)の知恵を、是非お役立て下さい。

■対 象

市民グループ・地域団体(婦人会・老人クラブ)・その他一般の方で組織される団体やグループ。
商品販売会など商業行為を目的とした集まりでの講演はお受け致しません。

■テーマ

「健康」に関するテーマから「東洋医学」「漢方」「食」に関するものまで、内容については幅広くご相談に応じます。
>>講演のテーマ例はこちら

■講  師

当校校長[大城日出男]

■講演時間

1時間半程度

■講 演 料

無 料 
※但し、交通費と宿泊費(遠方で宿泊を必要とする場合のみ)は実費のご負担をお願い致します。
※講演テーマ、日程などについては、当校までお問い合わせください。

■お問い合せ内容

  1. 団体名
  2. 代表者氏名
  3. 所在地或いは代表者ご住所
  4. 電話番号
  5. FAX番号
  6. メールアドレス
  7. 講演会場の所在地
  8. ご連絡事項 テーマ:

           希望日時:

上記の内容をお電話・FAX・Eメールにてお知らせ下さい。改めて当校よりご連絡させて頂きます。

■お問い合せ・申込先

上海中医薬大学附属日本校
〒530-0047
大阪市北区西天満1-7-20
TEL:06-6362-1501 FAX:06-6362-1505
 

ここから他ページへ飛ぶリンクナビゲーションが始まります