ページ内リンクです。

ここから本文が始まります

学術情報

Effects of extracts and neferine the embryo of Nelumbo nucifera seeds on the central nervous system

当校が神戸薬科大学並びに横浜薬科大学と行いました共同研究の論文が権威のあるサイエンス・ダイレクト誌に掲載されました。

PDF共同研究論文PDF

李鼎教授80才誕生日・李鼎教授学術思想シンポジウム開催

上海中医薬大学は世界鍼灸の名医である李鼎教授の80才誕生日を祝福するため、2009年11月12日~15日に上海中医薬大学で、盛大なお祝いパーティー及び李鼎教授学術思想シンポジウムを行います。

李鼎教授は世界で初めて、数千年の間残された沢山の間違った古代鍼灸理論を訂正し、また、初めて鍼灸学を腧穴学、経絡学、刺法灸法学、鍼灸文献学、臨床治療学、実験鍼灸学に分科した。全中国鍼灸統一教材の多くの学科の主編を担当し、世界鍼灸界でNo.1の名教授である。

今回のシンポジウムは、李鼎教授の56年間の学術業績を整理、発表し、また李鼎教授の弟子達と関係者は世界の数十国から上海に集まり、鍼灸の各分野でのトップレベルの研究を発表します。
日本の鍼灸の関係者も、是非この素晴らしい機会を見逃さない様にご参加下さい。

○お問い合わせ先
李鼎教授80才誕生日・李鼎教授学術思想シンポジウム準備委員会
副会長 孫 樹建教授

上海中医薬大学附属日本校
住 所:大阪市北区西天満1丁目7番20号
TEL:06-6362-1501  FAX:06-6362-1505
E-mail:mail@shutcm.ed.jp

2008 上海国際現代漢方医薬博覧会
2008 Shanghai International Traditional Medicine&Health Products
    Exhibition

日 程:2008年12月4日(木)~6日(金)
会 場:上海展覧センター(延安中路1000号)

主 催:上海市対外経済貿易委員会
     上海中医薬大学
     上海医薬集団上海雷允上海業有限公司

○展望
 伝統医薬、天然薬物、保健養生、自然療法は人類の文明と文化発展中の宝物とも言える。そして、強い生命力と高い認知度も持っている。現代科学技術が伝統医学研究中に応用されることにより、世界各国の伝統医薬も新たな進歩と成果を収めることになる。

○展示会の紹介
 上海国際現代中医薬博覧会は2年ごとに一回開催し、今年は3期になる。この展示会は2004年に11月に開催されて以来、国内の数百軒の中医薬生産企業、中医病院、中医薬大学、研究機構、業者協会などが参加したほかに、米国、フランス、イギリス、イタリア、フィンランド、スペイン、オーストラリア、インド、タイ、日本、韓国、香港など10数ヶ国以上及びその関連企業、機関、学院にも出展、参加した。
 伝統医学産業の継続発展、伝統医学の宣伝、科学研究、臨床応用及び保健養生などの多岐にわたる分野の国際交流、協力を推進するために、第3回博覧会には“伝統医薬の伝播と継続発展、中医薬の現代化と国際化、緑の伝統薬”をテーマとして、伝統医薬、天然薬物、保健養生、自然療法などの交流通路を構築して、より多くより良い国内外の関連企業、機関、大学などの参加者を要請して、活発に交流、面談など活動を望んでいる。

2008 上海国際現代漢方医薬博覧会
2008 Shanghai International Traditional Medicine&Health Products
    Exhibition

日 程:2008年12月4日(木)~6日(金)
会 場:上海展覧センター(延安中路1000号)

主 催:上海市対外経済貿易委員会
     上海中医薬大学
     上海医薬集団上海雷允上海業有限公司

○展望
 伝統医薬、天然薬物、保健養生、自然療法は人類の文明と文化発展中の宝物とも言える。そして、強い生命力と高い認知度も持っている。現代科学技術が伝統医学研究中に応用されることにより、世界各国の伝統医薬も新たな進歩と成果を収めることになる。

○展示会の紹介
 上海国際現代中医薬博覧会は2年ごとに一回開催し、今年は3期になる。この展示会は2004年に11月に開催されて以来、国内の数百軒の中医薬生産企業、中医病院、中医薬大学、研究機構、業者協会などが参加したほかに、米国、フランス、イギリス、イタリア、フィンランド、スペイン、オーストラリア、インド、タイ、日本、韓国、香港など10数ヶ国以上及びその関連企業、機関、学院にも出展、参加した。
 伝統医学産業の継続発展、伝統医学の宣伝、科学研究、臨床応用及び保健養生などの多岐にわたる分野の国際交流、協力を推進するために、第3回博覧会には“伝統医薬の伝播と継続発展、中医薬の現代化と国際化、緑の伝統薬”をテーマとして、伝統医薬、天然薬物、保健養生、自然療法などの交流通路を構築して、より多くより良い国内外の関連企業、機関、大学などの参加者を要請して、活発に交流、面談など活動を望んでいる。

Intercontinental Conference on Anti-Aging Preventive Medicine

2007年12月7日・8日に世界アンチエイジング学術大会が上海で開催されました。
アンチエイジング医学の発展のため、世界各国より医療関係者及び抗加齢医学研究者が集まりました。当校の孫樹建教授が招かれ、アンチエイジングの領域での中国医学の鍼灸と中薬の臨床応用について講演を行いました。
抗加齢医学の分野に、初めて中国医学の専門家としては招かれ大好評となりました。それにより、中国医学はアンチエイジングの分野に更に普及していくことと思います。

【写真】当校孫樹建教授の講演風景
▲当校孫樹建教授の講演風景

【写真】孫樹建教授と特別ゲストの世界トップスター ジェット・リー
▲孫樹建教授と特別ゲストの世界トップ
スター ジェット・リー

ここから他ページへ飛ぶリンクナビゲーションが始まります